ページトップへもどる

お役立ち情報&コラム お役立ち情報&コラム

システム

【RPA】RPAを使ってどこまで 業務効率 を上げられるか?

こんにちは。
カスタマー担当の佐藤です。

 

2018年6月29日に「働き方改革」
(正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案)が成立し、長時間労働の是正や非正規雇用労働者の処遇改善等、あなたの会社も「働き方改革」への取り組みをしているのでないでしょうか。

 

「働き方改革」への取り組みの背景として、「労働者の減少」や「長時間労働」が挙げられます。
企業によって、取り組み方は多種多様となっていますが、今回はRPAに着目してみたいと思います。

 

○RPAってなに?

RPAとは、Robotic Process Automationの略称で、画面上のアプリケーションやシステムを判断して、人が業務で行っていることと同じように操作をしてくれることです。

 

 

○RPAでなにができるの?

例えば、EXCELに入力されている社員情報を、人事システムへ1件ずつ登録する作業のような、同じ作業を繰り返す場合に、その操作を代わりにやってくれます。

 

・毎月同じ作業をしている。
・システムへのデータ登録作業が手間。

 

このような場合に、RPAを使用することで、その作業を代わりにやってもらうことで、その空いた時間で他の作業を行うことができるため、コスト削減が見込めます。

そこで、らくらく定期でRPAを使って、通勤経路の登録を行ってみました。

 

らくらく定期でRPAを使ってみた

○らくらく定期でRPAを使ってみた

 

今回使用したRPAは、最も有名なRPAの1つのWinActorです。早速、WinActorを使ってみました。

最初は操作シナリオの作成に手こずりましたが、慣れれば簡単に登録できます。作ったシナリオは、「1社員の経路情報で、最安経路を登録する」これです。
シナリオ作成にかかった時間は2時間かからない位でしたが、「担当者が登録した方が早い」と思われるかもしれません。

 

しかし、シナリオを作成後、「1クリック」で最安経路が登録できるのです。今回は1社員分のみの登録としましたが、社員番号一覧をEXCELに作成しておくことで、1社員の登録が完了したら、次の社員番号を取得するようにしてしまえば、「1クリックで数百名分の最安経路が登録できる」ことになります。

 

パソコンがダウンしないように設定しておけば、通常業務をこなしながら、横で通勤経路の登録を行うことができ、一日中作業を行うこともできます。

 

 

○RPAを使ってみて

シナリオの登録をするところで工数はかかりますが、毎月同じ作業が発生することを考えますと、最初に工数がかかっても、それ以降の工数は間違いなく軽減されます。

 

らくらく定期を使用しているお客様におきましても、毎月同じ作業をしている作業もあるかと思いますので、RPAを使って、業務改善を行ってみるのもいいかもしれませんね。

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

東日本:050-5212-5605西日本:06-6412-1190

(営業時間:10:00~12:00・13:00~18:00)

らくらくBOSSの
サービスはこちら

  • らくらく定期.net

    定期券の新規発行、解約、自動更新、運賃改定等に柔軟に対応!

  • らくらく旅費経費.net

    交通費や出張費、会議費などの立替経費精算の「申請」「承認」処理」を効率化!

  • らくらく申請WF.net

    各種申請の電子申請に対応。事由による必要な申請書がわかるメニュー表...

  • らくらく探索ナビ.net

    人事異動やアルバイト配置などのシュミレーションに対応。駅すぱあとと...

  • COSMOWF 無限易審通

    日本語、中国語、英語に対応した多言語対応(グローバル対応)の経費精...