ページトップへもどる

お役立ち情報&コラム お役立ち情報&コラム

通勤費管理

2023年の鉄道運賃改定は3月4月だけじゃない!!

2023年1月6日更新

鉄道運賃改定続々

鉄道事業者の運賃改定が続々と発表されています。

2024年に運賃改定予定という鉄道会社や、段階的に値上げを行う鉄道会社もあります。

 

上限変更認可申請による運賃値上げが通常でしたが、2021年12月に創設された「鉄道駅バリアフリー料金制度」によってバリアフリー整備を目的とした値上げが認められました。

この「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用した値上げが、JR東日本を始め16社で実施されることとなりました。

 

また、新型コロナウイルス感染症拡大による利用者減は経営に大きなインパクトを与えました。

安全・安心な鉄道事業の継続や成長に向けた投資のために、鉄道駅バリアフリー料金制度を活用せず値上げを行う鉄道会社も多くあります。

2022年11月現在で、鉄道駅バリアフリー料金制度を活用する会社、しない会社合わせて24社が値上げすることを発表しています。

大手私鉄、準大手私鉄のほとんどは値上げを発表済みです。JRの一部や中小鉄道事業者でこれから発表される事業者が出るかも知れません。

関東では2023年3月、関西では2023年4月に運賃改定を予定している鉄道事業者がほとんどです。

しかし、それ以降の時期に改定する鉄道会社もあります。通勤定期代を支給している企業は五月雨式の対応が求められます。

 

運賃改定時の効率的な通勤費変更方法とは?
 

関連記事

2023年3月、4月に運賃値上げ、運賃改定への通勤手当の対応準備は大丈夫?
2023年運賃改定、首都圏の鉄道事業者の多くは3月18日

 

運賃改定の時期

運賃改定を発表している鉄道事業者各社をまとめてみました。

 

エリア 改定時期 事業者
首都圏 2023年3月18日
JR東日本
東京地下鉄
西武鉄道
東武鉄道
小田急電鉄
東急電鉄
横浜高速鉄道
相模鉄道
2023年春
新京成電鉄
2023年秋
京王電鉄
2023年度中
京浜急行電鉄
中部 2023年4月1日
伊豆箱根鉄道(駿豆線)
2024年4月1日
JR東海
静岡鉄道
2024年春
伊豆箱根鉄道(大雄山線)
時期未定
名古屋鉄道
北陸 2024年4月1日
あいの風とやま鉄道
近畿 2023年4月1日
JR西日本
近畿日本鉄道
阪急電鉄
阪神電気鉄道
神戸電鉄
京阪電気鉄道
山陽電気鉄道
大阪市高速電気軌道
2023年10月
南海電気鉄道
2024年度頃
京都市営地下鉄
四国 2023年5月20日
JR四国
九州 2023年3月27日
西日本鉄道

 


通勤費の運賃改定をテーマにウェビナー開催中!

 

通勤手当の運賃改定はシステム化で対応を

運賃値上げは、会社の通勤手当支給を考えるとコスト増加になりますが、それは定期券購入コストだけではありません。度重なる運賃改定への対応によって業務負荷、時間コストも増加します。

運賃改定処理は、通勤費管理システムで一括処理をさせることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

2023年3月、4月に運賃値上げ、運賃改定への通勤手当の対応準備は大丈夫?
2023年運賃改定、首都圏の鉄道事業者の多くは3月18日

 

 
運賃改定時の効率的な通勤費変更方法とは?
 

 

資料請求や説明のご依頼は、
フォームよりお気軽にご連絡ください。

らくらくBOSSの
サービスはこちら

  • らくらく通勤費

    定期券の新規発行、解約、自動更新、運賃改定等に柔軟に対応!

  • らくらく旅費経費

    交通費や出張費、会議費などの立替経費精算の「申請」「承認」処理」を効率化!

  • らくらく申請WF

    各種申請の電子申請に対応。事由による必要な申請書がわかるメニュー表...

  • らくらく探索ナビ

    人事異動やアルバイト配置などのシュミレーションに対応。駅すぱあとと...

  • パステマ

    スマホでICカードに記録された乗降データを読み取り、通勤費と交通費...