ページトップへもどる

お役立ち情報&コラム お役立ち情報&コラム

今さら聞けない!?クラウド導入のメリット

2019年02月20日

こんにちは。開発の三好です。

 

今回は、今さら聞くに聞けない「クラウド」のメリットについてご紹介します。

 

ここ数年、「クラウド」というワードをよく耳にするようになりました。

では、「クラウド」化すると一体何がいいのかをご紹介します。

「クラウド」化するメリットとしてよく挙げられる理由は以下の通りです。

 

 

・既存システムに比べてコストが安い

・初期導入コストが安い

・どこでもサービスが利用でき、いつでも利用停止できる

・運用開始までの期間が短いから

・社内で資産や、保守体制を持つ必要が無い

 

 

これらはあくまで一例ですが、「クラウド」の一番の魅力はコストではないでしょうか。

 

比較的安価で初期導入でき、ランニングコストも抑えられるところに魅力を感じ、導入する企業が増えていると推測されます。

 

では、「クラウド」にしない理由は何でしょうか?

よく聞かれる理由は以下の通りです。

 

・そもそもクラウド化する必要がない

・クラウド上にデータを置くと、情報漏洩などのセキュリティ面に不安がある

・クラウド環境導入に伴う切り替えコストがかかる

 

こちらでもコストについての理由が挙げられます。

また、どうしてもセキュリティ面に対する不安が根強くあるようです。

セキュリティ面の不安によって、クラウド化をためらっている方も多くいるのではないでしょうか。

 

 

しかし、ここ最近は、クラウドサービス事業者もセキュリティ面の強化を図っています。

ユーザー認証や、アクセス制御を厳格に行うことにより、不正アクセスから守ったり、通信データを暗号化することにより、外部からデータを読み取られることを防いだりと、対策が行われています。

 

また、お預かりするデータは、データセンターの強固なセキュリティ設備で守られます。

さらに、情報セキュリティ技術の専門家が常駐している場合もあり、しっかりとした対策が行われています。

そのため、クラウド環境への不正アクセスは非常に困難であり、アクセスされた場合でも、すぐに検知し、原因を特定することが可能です。

 

 

以上より、セキュリティ面においても安心できるようになっています。

 

 

現在は、さまざまなサービスがクラウドで提供されています。

私用しているシステムの見直しも含めて、セキュリティも強化され、コストも安価に抑えられる「クラウド」への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。