ページトップへもどる

お役立ち情報&コラム お役立ち情報&コラム

システム

【HR Tech】HRテックとは?
HRテックがもたらす企業人事の動向について

いま注目されているHRテックは、人工知能(AI)やクラウドなどを使い、人事に関する改善を行うサービスです。かつての日本企業は人事の際に、新卒一括採用や年功序列、終身雇用などの制度を活用してきましたが、これら日本独自の制度は世界的に見て時代遅れに。

 

HRテックを活用することで、人事業務の効率を大幅改善することが期待されています。ここでは、HRテックの概要や、HRテックが企業人事に与える影響を紹介します。

 

 

 

日本は世界的に見ても独自の人事制度を取り入れている企業が多いです。新卒一括採用や年功序列、終身雇用のような制度は高度経済成長期に確立されたものでしたが、少子高齢化の現代にかつてのような人事制度では非効率的です。そこで、人事業務を効率化するのに注目されているのが「HRテック」です。

 

今回は、HRテックの概要や、HRテックが企業人事にもたらす影響について紹介します。

 

 

 

HRテックは人工知能(AI)やクラウドなどを使い人事に関する改善を行うサービス

 

HRテックとは、HR(Human Resources)とテクノロジー(technology)を組み合わせてできた造語です。人工知能(AI)やクラウドなどの最新のテクノロジーを使用し、人事に関する改善を施すサービスを指します。

 

HRテックという言葉は今に誕生した言葉ではありません。日本よりもITの最先端を行くアメリカでは、以前からHRテックに注目が集まっていました。アメリカではすでにHRテック市場規模が拡大していますが、日本で注目されるようになったのはここ数年のことです。

 

かつての日本企業における主な人事制度として、企業が年度ごとに新卒者を一括採用する新卒一括採用制度、人事査定において能力や実績よりも年齢や勤続年数を重要視する年功序列制度、入社したら基本的に例外を除いて定年まで雇用する終身雇用制度が挙げられます。

 

HRテックが日本で最近まで注目されなかった理由には、こうした日本特有のやり方が慣習となっていたことに関係すると考えられています。

 

これらの人事制度は、適正な人事評価ができない・賃金問題や労働者の質の低下を招く恐れがあるなどの問題点を抱えています。この制度はもはや現代の社会に対応できるものではなく、限界を迎えているのです。

 

 

 

HRテックが企業人事にもたらす3つの影響

これからの企業人事においてHRテックがもたらす影響には、以下のようなものが挙げられます。

 

1. 採用に関する情報の一元化やAIを利用した推薦・面接が可能になる

採用に関する情報の一元化やAIを利用した推薦・面接が可能になる

これまで採用試験には面接や筆記試験、実技試験などの方法が用いられてきました。管理は紙やExcelをベースに行うことが一般的ですが、複数のツールを使うのは非効率的です。

 

HRテックのツールを使用すれば、採用に関する情報を一元化するこることができます。また、HRテックではAIを活用することで企業にマッチした人材の推薦や、AIとの面接を行うことが可能です。

 

 

2. 労働者の能力や実績を給与や昇進に反映させた適正な人事評価ができる

 

適正な人事評価をするには年功序列制度ではなく、成果主義でなければいけません。成果主義にするためにHRテックを導入し、労働者の能力や実績を給与や昇進に反映させることが可能です。

 

成果主義にすることで若い優秀な人材のモチベーションを高めることができ、早期の離職を避けることができるでしょう。

労働者の能力や実績を給与や昇進に反映させた適正な人事評価ができる

 

 

3. 膨大なデータから分析を行い適材適所の人材配置ができる

 

これまで人材配置をする際は人事の経験や面談などで判断してきました。しかし、人間の経験や判断だけでは適材適所ができているかどうかは分かりません。

 

HRテックは膨大なデータ量の中から分析し、最適な人材配置をサポートしてくれます。適材適所に人材を配置することは、生産性の向上だけでなく、売上増加にも繋がる可能性を秘めています。

 

 

 

従来型の人事制度に限界が感じられるならHRテックの活用を検討してみる

近年、日本ではクラウド化や働き方改革の推進によって、HRテックの市場規模は年々拡大していますが、今後もHRテックの市場規模はますます拡大していくことになるでしょう。

従来型の人事制度を続けていくことに限界を感じているのであれば、HRテックの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

東日本:050-5212-5605西日本:06-6412-1190

(営業時間:10:00~12:00・13:00~18:00)

らくらくBOSSの
サービスはこちら

  • らくらく定期.net

    定期券の新規発行、解約、自動更新、運賃改定等に柔軟に対応!

  • らくらく旅費経費.net

    交通費や出張費、会議費などの立替経費精算の「申請」「承認」処理」を効率化!

  • らくらく申請WF.net

    各種申請の電子申請に対応。事由による必要な申請書がわかるメニュー表...

  • らくらく探索ナビ.net

    人事異動やアルバイト配置などのシュミレーションに対応。駅すぱあとと...

  • COSMOWF 無限易審通

    日本語、中国語、英語に対応した多言語対応(グローバル対応)の経費精...