コスト削減シミュレーター

らくらく定期.net コスト削減 簡易シミュレーター

通勤費 適正化によるコスト削減シミュレーター

本シミュレーターは、『らくらく定期.net』の適正経路チェックにより、
通勤費を最適化した際の試算ができます。
いくつかの項目を選択、入力していただくだけで試算が簡単にできますので、
是非ご利用ください。

※適正経路とは、交通機関を利用する際、安価で乗り継ぎが少なく通勤時間の負担がかからない経路を指します。
※試算結果は、弊社製品『らくらく定期.net』を導入いただいた企業様約600社の結果を元に算出しており、実際に削減される金額を保証するものではありません。

■ 使い方 ※全項目必須入力となります。

入力欄に以下の手順で入力後、「これで計算すると…」のボタンをクリックしてください。

  1. 御社の従業員で定期券利用されている方の人数を入力してください。
  2. 現在の定期券通用期間をリストから選択してください。(1・3・6ヶ月から選択してください。)
  3. 分割定期券の適用率をリストから選択してください。(0・5・10%のいずれかを選択してください。)
    ※会社所在地によって偏りがあるため可変としています。
  4. 御社でマイカー通勤されている方の割合を入力してください。(マイカー通勤されていない場合、0としてください。)
  5. 電車通勤における適正経路のチェック管理状況をリストから選択してください。
    ※(未管理100%・あいまい50%・厳しい0%のいずれかから選択してください。)
  6. マイカー通勤における適正経路のチェック管理状況をリストから選択してください。
    ※(未管理100%・あいまい50%・厳しい0%のいずれかから選択してください。)
  7. 画面下部の「これで計算すると・・・」をクリックすると、入力結果を次の画面に結果を表示します。

らくらく定期.net コスト削減 簡易シミュレーター

1. 御社の通勤手当支給人数は?
2. 定期券の通用時間は? ヶ月
3. 分割定期券適用率は? *1 %
4. 御社のマイカー通勤の利用者の割合は?*2 %
5. 適正経路チェック管理の状況は? *3     電車:
                       マイカー:
*4
*4

結果における定期券の通用期間は6ヶ月支給での計算となります。
弊社調査によれば、1ヶ月支給からは12%の削減が、3ヶ月支給からは5%の削減が出来るという平均値が出ており、それらを元に算出しています。

分割定期券の適用率は、全従業員様のうち約3%の方が割引対象になるという結果が出ております。

※1 分割定期券とは・・・
利用区間を2つの区間に分けて購入する方法で、利用区間次第によりますが、通しで購入するよりも安くなる場合があります。
これは、JRの運賃計算が複雑であることと、一定区間ごとの料金設定をしていることにより「少しでも安く定期券を購入する『ウラワザ』」として認知されております。

※2 マイカー通勤の方について
らくらく定期.netの機能で地図連動チェックを行ったところ、50%の方の見直しが発生するという結果が出ております。
それらを見直すことにより、全社員の通勤費のうち、約4%の削減が出来ると見込まれております。

※3 電車通勤の方について
らくらく定期.netの駅すぱあと連動チェックを行うことにより、約20%の方について経路の見直しが発生するという統計結果 に基づいて算出しています。
それらを見直すことにより、全社員の通勤費のうち、約3%の削減が出来ると見込まれております。

※4 未管理・あいまい・厳しいの定義
  未管理・・・
  経路チェック(申請された通勤費をそのまま承認されている場合、上記20%の通勤経路見直し対象者に対し100%の係数で算出しています。)

  あいまい・・・
  上記同条件で、50%の係数で算出しています。

  厳しい・・・
  今までも駅すぱあとなどのチェックツールで管理されているという想定により、通勤経路見直しによる削減効果は期待出来ないため0%としています。

ページTOPへ
30日間無料トライアル お問い合わせ・資料請求はコチラ!